このブログについて

大学写真部を卒部し展示の機会がなくなったので作りました。機材ネタやら、いろいろな場面で撮った写真やらをアップしていきます。

 

機材一覧(心の趣くままに機材ネタしていく予定)

〈ボディ〉

保有
Nikon Z7
Nikon D800
Nikon D750

-売却済
Nikon D3S
・Nikon D7000
Sony RX1R

 

〈レンズ〉

保有
TAMRON 17-35mm F/2.8-4 Di OSD (Model A037) 
NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

・AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR
・AI AF Nikkor 35mm f/2D
Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZF.2
・AI Nikkor 50mm f/1.2S
TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A025)
NIKKOR-P.C Auto 105mm F2.5
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM

 -売却済
SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
TOKINA AT-X 16-28 F2.8 PRO FX 16-28mm F2.8
TAMRON SP AF 17-35mm F/2.8-4 Di LD Aspherical [IF] (Model A05)
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD
・AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
・AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II
TAMRON SP AF60mm F/2 Di Ⅱ LD [IF] MACRO 1:1
TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD (Model A009)
TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005)

 

〈その他〉
Canon EOS 5D Mark IV
Canon EF24-70mm F2.8L II USM
TAMRON SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)
・DAGUERREOTYPE ACHROMAT 2.9/64 ART LENS 
Canon EF85mm F1.2L USM

 

DSC_1913-3

-作例の機材データはFlickrのリンク先参照。

2021年1月~2月

きちっと一般的な四季の感覚に応じて寒くなって、暖かくなってな今日このごろ。

NZ7_7968

ほとんど積もりませんでしたが、1月末頃雪が振りましたね。

NZ7_7953

NZ7_7949

NZ7_7948

ちょうど大学にいたので、数枚拾ってきました。ストロボなくても案外映る、という発見。

DSC_6902

DSC_6913

打って変わって、別の日。50mmで適当に。久々にD750を私用で使いましたが、Z7に甘えるともうだめですね。

NZ7_7902

NZ7_7888

NZ7_7791

こっからはZ7。上は全部ZeissのMacro Plannar 50/2 ZF.2。こってり感と色乗りに惹かれてずっと使っています。そろそろ外装がボロい。

 

NZ7_8555

NZ7_8552

NZ7_8548

NZ7_7931

NZ7_7773

NZ7_8600

その他雑駁に。現像でいじりはしますが、基本的な色乗りって大切だな、と常々思います。現像しやすさももちろん変わりますが、何より撮って出しでいい感じだとテンションがあがります。自分のノリを整理してテンションをあげるために写真撮ってるところもあるので、こういう感覚的なところ大事。そろそろ135mmを振り回せるくらいの景色のところに行きたい。それでは。

晩秋~年末_2020年

タイトルからして、まだ年明けを受け入れられてないのが見え見えですね。

NZ7_7510

12月31日も1月1日も研究室にこもりきりだったので、年明けを受け入れられていないのはしょうがない(開き直り)

NZ7_6345

ところで、かるくポストしたとおり、CanonレンズをZ7につける邪悪なマウントアダプタを購入しました。

新しいレンズが複数本生えたみたいなものなので、研究に疲れると撮り歩いていたわけですが、いかんせん机に座ると作業が多すぎたので、現像がずれ込みようやく暇となった次第。

NZ7_5592

NZ7_5591

 紅葉は85/1.2L、その他3枚はTamron 35/1.4。85は思ったより開放から解像してびっくりしました。普段5D4だとジャスピンこないので。35/1.4は相変わらずものすごいレンズですね。階調がめちゃくちゃなだらかに出てくれます。もちろん開放からピン面はバチバチ。ただ、色の出方は5D4撮って出しのほうが相性いいかも。まあ触るなら慣れてるNikonですね。

NZ7_7699

NZ7_7690

NZ7_7687

光の捕まえ方がうまいレンズは、使ってて幸せな気持ちになります。若干フリンジなどは出ますが補正可能。Zレンズのように収差ほぼゼロで透明な感じではなく、程よくレンズが主張してきます。でかいけど。

NZ7_7683-3

NZ7_7644

NZ7_7614

NZ7_6393

NZ7_6374

NZ7_6369

NZ7_5616

NZ7_7659

ここらへんも、全部35/1.4ですね。構図のバリエーションはありません。でも楽しいのでOK。

 

NZ7_4941

NZ7_4928

NZ7_4917

この3枚は高名な撒き餌EF50/1.8 STM。開放は若干ポヤポヤしてますし、逆光耐性もアレですが、別に等倍拡大して鼻息を荒げるために写真を撮ってるわけではないので、いいんじゃないでしょうか。多くを望まないなら、これ一本でいい、という人がいるのもわかります。すでに50mm3本目であと2,3本ほしいけど。

NZ7_7497

NZ7_6951

NZ7_6950

最後に再び85/1.2L。85mm、実は使ったことなかったので使い方がわかりません。とりあえずこんな感じで。それでは。

【レビュー】Fringer FR-NZ1【Canon EF→Nikon Z】

バタバタしすぎて写真は撮れど、ため続けてたわけですが、ようやく現像できました。ただし、バタバタすると思考力が鈍るので、サラッとお金が羽ばたいていきました。

DSC_6887

Nikon党としてはいけない図柄してますね。というわけでFringerから出ているCanon EFレンズをNikon Zマウントボディに取り付けるAFアダプタ「FR-NZ1」を導入しました。そのレビューなど。

 

【動作等】

ネット上にも少ないながらレビューがありますが、基本的にAF含めかなりまともに動きます。ボディ内手ブレ補正、瞳AF等基本的に問題なし。精度もきちんと出ますし、Zに特有なAFの迷いを除けば、基本的にAFも迷いません。AF速度の劣化もほとんど見受けられないので、試してませんが動体も行ける気もします。取付面の制度も問題なく、概ねNikon純正のFTZ(Fマウント→Zマウント)のようなイメージで使えます。

違う点としては三脚座を取り外せること。FTZはモーター部も兼ねた三脚座が外せず、小さいレンズを付けると床においたときに安定しない、とか面倒なところがありましたが、このアダプタにはそういう事はありません。三脚座を外せば、きちんと底面がつきます。

NZ7_7517
Nikon Z7+EF85mm F1.2L

 

【動作確認等】

とりあえず今の所、動作したレンズ(取り付けボディはNikon Z7)

・SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)

・EF50mm F1.8 STM

・EF85mm F1.2L USM

公式の対応レンズリスト(http://stkb.co.jp/file/fr-nz1-lenslist.pdf)によれば、上2本については動作確認がされています。85/1.2 Lについては、購入前は2000年代前半発売の初代Lレンズが動くか不明で怖さもあったわけですが、取り付けてみるとあっさり動作しました。あの特徴的なモーターで動くもっさりAF/MFも問題なく合焦します。正直Z7のほうが、EFボディより精度が出るので、5D4につけるよりいいですね(?)

ただし、85/1.2Lについては、開放F値がどうやっても1.3にしかならない、というバグがありました。本当に1.3で撮影されているのか、表示上のバグなのかは不明。その他は絞れば絞ったなりなので問題ありません。この感じを見ると、EFレンズはほぼすべて動きそうな気がしますね。(FTZより対応レンズ幅ひろいじゃん。)

各レンズとも、レンズ情報は記録されません(当たり前)が、焦点距離、露出などは問題なく記録されます。現像のときは手動でプロファイルを合わせる必要あり。

NZ7_5564
Nikon Z7 + Tamron 35mm f1.4

 

【重さ】

キャップ等を取り払った純粋な重量だと以下。これはネット上になかった。

・FR NZ1(三脚座なし):146g

・FR NZ1(三脚座あり):162g

・FTZ:134g

FTZって軽いんすね……となりました。FR NZ1は外装も金属なので、気持ちずっしりきますね。ただし、EF50/1.8との組み合わせだと318g(キャップなし、フィルターあり)だったので、かなり気軽に使えます。Nikonは早くZの軽量単焦点を出してほしい。

NZ7_4941
Nikon Z7 + Tamron 35mm f1.4

 

【不満点】

不満点は少ないですが、最もしんどいのはアダプタ裏面のパッキン。アダプタ裏面にはファームアップ用のMicro USB端子が付いてるわけですが、このパッキンが抜けやすすぎる。もうなくしてしまいましたが、結果的に端子が露出してしまっています。(もともと保証されてませんが)これで耐候性はゼロになったわけで、少し怖さはあります。まあ滅多使わないので、適当に塞いでおきます。

 

まあこんな感じで楽しく使っています。手近にEFレンズを使える環境があるので、純正かな?みたいなノリで使えるアダプタは良いですね。新しいおもちゃがたくさん増えたイメージ。各レンズの雰囲気とかはまた書きます。それでは。

帝釈峡・三次・岩国_2020年11月

また例の病気の話題が喧しくなってきましたね。

NZ7_3631

特に政策や人との接し方が変わったわけではないのに拡大し始めたあたり、トリガーがわからないので空恐ろしいところもありますが、折衷していくしかないんでしょう。

NZ7_3541

ということで、少し所用があったので今月の頭に広島に行ってきました。ついでに足を伸ばして帝釈峡に。

NZ7_3605

自然地形としてできた橋(いわゆる自然橋)としては世界にまれに見る大きさらしいですね。かなり迫力があります。よい。

NZ7_3550

下帝釈に架かる土木遺産的に結構貴重な橋。まあ詳細は数多サイトがあるので譲りますが、帝釈峡観光を長年支えてきた橋です。ちなみに、近辺には同じく観光を支えてきた多数の旧隧道も見られます。人間の観光にかける情熱を感じますね。ただ、近年帝釈峡は斜陽気味のよう。以前の乗鞍高原なんかも同様の傾向にありますが、しゃにむに開発してきた時代からどう転換するのか、いろんなキーワードが提唱されたりしますが、なんとなく小さくまとまっている感、というのはあります。

NZ7_3661

その後、三次まで下ってきて尾関山へ。ちょうど見頃の入り口という感じでした。ちなみに冒頭のも三次。

NZ7_3662

似たようなカットが続きますね。もみじは単体で映えるので毎年よいなと思います。

NZ7_3692

打って変わってその後岩国へ。これも少し所用をこなすために。岩国も錦帯橋なんかは行ったことがあるので、翌朝は時間が余り……。海岸線を散歩して岩国基地を眺めに行きました。

NZ7_3721

NZ7_3719

24-70しか持ち合わせが無かったので広角っぽい絵ばかりですが、独特の雰囲気の街ですよね。

NZ7_3682

NZ7_3714

NZ7_3706

まっすぐ歩いてただけなので絵にバリエーションはありませんが、岩国という街から受けた印象はだいたい写ってるかなと。錦帯橋の方に行くと山が近づいてくるのでまた街の雰囲気も変わります。とにかく午前中の散歩というのはよいものでした。また時間を作ってやりたいですね。今後しばらく静養できなそうなので早くも心がしんどい。それでは。

乗鞍高原_2020年10月

現像を終えたのにまとめるのが遅くなりました。Lightroomで作り終えて「ええやん」ってなったらそこで満足するの、ありがちですよね。それするためにいくらかけとんねん、という話はあります。言ってはいけない

NZ7_1888

乗鞍高原とか言っときながら、スタートから安房峠を登ったところにある中の湯からの一枚。イケメンですね。やっぱり135mmはいい絵をはいてくれます。

NZ7_1806

NZ7_1771

10月末でこんな感じだったのでもう終わってるでしょうね。今年は信州、久々の当たり年でした。東京も今の所きれいなので、なんか悪いことがなければきれいな紅葉が見れるはずです。イチョウは随分降りてきましたね(あまりにも臭すぎるのが難点)。

NZ7_1914

後ろで何がなんだかわからなくなってるのが乗鞍岳

NZ7_1849

NZ7_1775

こういうのやってて毎回迷うのが空の色。人間の眼(脳)というのは大変に高性能なので輝度差をいい感じに補正してくれるんですが、カメラというのはそうはなってない。HDRなんてのもありますが、どうにも不自然でいけない、かといって白で飛んでるのも違う、困ったもんです。

NZ7_1769

NZ7_1841

きっと今は一面真っ白でしょう。一生静養していたい(本音)。それでは。

上高地_2020年10月

先日、上高地に行ってきました。まずは、大正池のお決まり構図から。

NZ7_2078

安房峠なんかは何回も行ったことがありますが、上まで上がったのは地味に初めて。バス代が高い(ケチ)。

NZ7_2191

ど平日、快晴、季節は最高。カメラ持っててよかった、となる日でした。

NZ7_2223

河童橋に向かう途中で猿の大群に遭遇。いすぎて有り難みがないくらいで、ほとんど人とすれ違ってる感覚でした。ただし、人と違うところは赤の他人(他猿)を堂々と撮っても一向に問題ないところ。良い表情しとりますな。

NZ7_2257

この写真で、人の出は察してください。まあ、ここが一番人が多いところなので、輸送能力は余裕そうでした。インバウンド死滅はやはり厳しそうですね。

NZ7_2113

NZ7_2105

NZ7_2099

NZ7_2088

NZ7_2183

NZ7_2150

NZ7_2109

山がイケメンすぎて、構図が限定的になりますね。まあ激V量産だったので良いとしましょう。それでは。